シリアル誤りが増えています。

当サイトはソフトウェアの利用申請や包括ライセンスの情報提供などを行うサイトです。

法政大学の学生および教職員がダウンロードして利用できるソフトウェアの情報を提供しています。利用したいソフトウェアについての情報を確認した上で、「ソフトウェアダウンロード申請」フォームより申請を行なって下さい。

※当サイトから申請できるソフトウェアは、法政大学の教職員および学生のみが利用することができます。付属校の教職員・生徒および通信教育課程の学生は利用できません。

※事務用PC(情報センター貸出品)でのソフトウェアダウンロード申請は、原則受け付けておりません。
(お問い合わせ先:市ヶ谷情報センター事務用PC担当)

お知らせ

窓口対応時間の短縮2018年07月25日(水)

2018年7月23日(月)~2018年9月20日(木)の平日(夏期休業期間を除く)は、 サポート時間(お問い合わせ時間)が、9:00~11:30、12:30~16:30までとなります。
通常期間より短くなりますのでご注意ください。

夏季一斉休業期間中の窓口休業について2018年07月24日(火)

※2018年8月13日(月)~8月19日(日)は夏期休業期間のため、ソフトウェアステーションサポート窓口は、お休みを頂きます。
8月10日(金)の申請につきましては、8月10日(金)中にダウンロード・インストールが可能の方のみ申請をお願いいたします。
当日インストールが行えない方は、8月20日(月)以降に申請をお願いいたします。あらかじめご了承ください。(VPN接続を含む学外からのダウンロードおよびインストールが不可であるため)

ご不便をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。

Windows10インストール時の注意(Symantec Endpoint Protection)について2018年05月30日(水)

Windows10のアップグレード時に、Symantec Endpoint Protection(以下、SEP)の互換性の問題でSEPアンインストールのメッセージが表示される場合があります。
その場合、以下のサイトよりSEPを最新バージョンへアップグレードすることで解決します。


「Symantec Endpoint Protection の最新バージョンをダウンロードする」
シマンテック社のページからアップグレードする手順(PDF 1MB)


※SEPのインストール申請は不要です。
※SEP12、SEP14、それぞれの最新バージョンへのみアップグレードが可能です。
SEP12からSEP14へのアップグレードはできませんので、その場合は再度ご申請いただくことでSEP14の最新バージョンを提供しています。

SolidWorks最新版(2017-2018年度版)の提供をはじめました。2018年04月24日(火)

SolidWorks最新版(2017-2018年度版)の提供をはじめました。


SolidWorks最新版(2017-2018年度版)を利用をされる場合は、
ソフトウェアステーション利用申請画面「インストール希望のソフト」のプルダウンから
「Solid Works 2017 Windows 64bit」を選び、申請を行ってください。

※今までのインストール方法とは異なります。『インストールマニュアル』を熟読ください。
※32bit版の提供はありません。2015-2016年度版より64bit版のみのリリースとなっています。

<ご注意>
ファイルサイズが非常に大きい(8GB以上)ため、
ダウンロードやインストールにお時間がかかります。(目安として2時間~4時間程度)

また、インストールするためにはHDDの空き容量が25GB以上必要となります。

メンテナンスのお知らせ2018年03月20日(火)

2018年3月23日(金) 19時00分 ~ 24時00分の時間帯は、メンテナンスのためソフトウェアのダウンロード申請、ソフトウェアのダウンロード・インストールの実行ができない場合があります。
※メンテナンス作業が終了次第、順次サービスを開始いたします。
また、メンテナンス開始時点でソフトウェアダウンロード申請ページにアクセスされている場合、強制的に切断されますのでご注意下さい。

ご不便をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。

【重要】WindowsUpdateによるSymantecEndpointProtectionのエラーについて2018年01月22日(月)
先日お知らせしたSymantecEndpointProtection(以下、SEP)のエラー(WindowsUpdateによる不具合)について、Microsoft社より修正プログラムがリリースされました。
現在SEPにてエラーが出ている方は以下を参考にして、該当のWindowsUpdate(修正プログラム)を適用してください。
以下のリンク先より、ご使用中のPCにおけるOSのKB番号をお調べください。

SEP12の場合

SEP 12.1.x がインストールされたシステムに 2018 年 1 月 3 日の Windows セキュリティ更新を適用すると ccSvcHst.exe がクラッシュする


SEP14の場合

2018 年 1 月 3 日以降の Windows セキュリティ更新を適用後、複数のエラーが発生したことを Endpoint Protection のトレイアイコンが報告する


次に、Microsoft社の以下ページより先ほど調べたKB番号を検索し該当する修正パッチをダウンロードしてください。

Microsoft®Update カタログ

【重要】ランサムウエア "WannaCrypt" に関する注意喚起2017年05月17日(水)

2017年5月12日ごろより世界中で "WannaCrypt" などと呼ばれるマルウエアに関する被害が報じられています。

ランサムウェアに感染するとコンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが使用できない被害が発生する可能性があります。


詳しくは、edu2015ユーザ支援Webサイトのお知らせをご確認ください。

「【重要】ランサムウエア "WannaCrypt" に関する注意喚起」

Symantec Endpoint Protection 14の提供をはじめました。2017年05月01日(月)

Symantec Endpoint Protection 14の提供をはじめました。
2017年5月1日(月)より、「Symantec Endpoint Protection」につきましては、バージョン「14」の提供のみとなります。
インストール前に、以下の「システム必要条件」をご確認ください。

※必要条件を満たしていないオペレーティングシステム(OS)は、サポートされません。
とくに、「Mac OS X 10.8以下」はサポートされませんので、OSのバージョンアップをご検討ください。
※Symantec Endpoint Protection 12をご利用中の方は、2019年4月3日(パッチリリースの最終日)までご利用いただけます。

システム必要条件(Symantec社のページ):
Symantec Endpoint Protection for Windows クライアントのシステム必要条件
Symantec Endpoint Protection for Mac クライアントのシステム必要条件

MacOS Sierra におけるOffice 2016 for Mac について2016年11月24日(木)
現在、MacOS SierraとOffice2016 for Macの組み合わせで不具合が発生しているため、 Office2016 for Macはご利用いただけません。 MacPCでOffice2016 for Macをご申請される際は、 ソフトウェア申請時に連絡事項へMacOSのバージョンをご記載ください。

※Office2016 for Macをご申請の際、「連絡事項」に記載されたOSバージョンがSierraの場合は不許可とします。
※Office2016 for Macをご申請の際、「連絡事項」にOSバージョンの記載がない場合も申請を不許可とします。
※MacOS Sierra 10.12~10.12.1をご利用されている方は問題が解消されるまで、Office2011 for Macをご利用ください。
「macOS Sierra で、Office 2016 for Mac のクラッシュ問題が発生する可能性がある」2016年11月18日(金)

Microsoft社のサポートページ(一部抜粋)
「macOS Sierra において、Office 2016 for Mac アプリケーションが予期せずに終了、またはクラッシュするという問題が報告されているためです。この問題を解決するため、Microsoft は Apple 社と協力して対応しています。」
との記載がありました。


詳しくは、Microsoft社サポートページをご覧下さい。


MacOS Sierra 10.12~10.12.1をご利用されている方は問題が解消されるまで、Office2011 for Macをご利用ください。

Windows10配布開始について2016年07月10日(日)
Windows10 Enterpriseを配布開始しました。
申請の際には「Windows10へアップグレードする際の注意点」必ず確認し、よく読んでから行ってください。
貸与ノートパソコンの場合はこちらも確認してください。
学生の皆様へお願い2016年05月12日(木)

【理工系学部在籍学生の皆様へ】
貸与ノートPCには、多くのソフトウェアが既に入っています。
申請前によく確認した上で申請を行なって下さい。
詳しくはhttp://kedu2015.ws.hosei.ac.jp/software/note-app.shtmlをご覧ください。

【文系学部含む学生の皆様へ】
個人用のパソコンに最新版のOffice(Office365)をインストール可能です。
詳しくはhttp://software.k.hosei.ac.jp/win-office/をご覧ください。
※在学中のみ使用可能です。

デザイン工学部在籍の学生の皆様へ2016年04月15日(金)
キャンパス選択を「市ヶ谷」とされている方は、必ずソフトウェア申請画面の『利用者情報申請』より在籍キャンパスを「市ヶ谷田町」に変更して下さい。
(市ヶ谷田町校舎所属でないと申請できないソフトウェアもありますのでご注意ください)
詳しくはよくあるご質問をご覧ください
ソフトウェアの削除義務について2016年03月30日(水)

①利用者は法政大学の学生もしくは教職員でなくなった場合は、ライセンス違反となってしまうため対象ソフトウェアを必ずアンインストールして下さい。

②法政大学所有のPCを廃棄する場合、または他機関に譲渡する場合、PCの管理者(利用者)は、対象ソフトウェアを削除(アンインストール)してください。

③法政大学がレンタル契約したPCの契約が終了した時は、レンタルPCの管理組織(管理・運用担当者)は、レンタルされた全てのPCから対象ソフトウェアを削除(アンインストール)してください。

ソフトウェアステーション利用開始のお知らせ2015年04月01日(水)

法政大学では、Microsoft製品等ソフトウェアの利用について、これまで各キャンパス情報センターの管轄する窓口でメディアを貸し出ししインストールして頂いておりましたが、2015年4月1日より、Webサイトからの申請によりソフトウェアをダウンロードしてご利用頂く方法に変更となりました。
加えて、Officeソフトにつきましては、個人で所有するパソコン向けに「Office365Pro Plus」が新たに利用可能となりましたのでぜひご利用ください。
詳細は本サイト内の利用したいソフトウェアのご案内をご覧ください。


PAGETOP