HOMEAdobeソフトウェア利用のご案内(提供終了)

Adobeソフトウェア利用のご案内(提供終了)

Adobeソフトウェアの提供およびライセンス更新の申請受付は終了しています。
ソフトウェアステーションで提供を受けたAdobeソフトウェアについては、必ずアンインストールを行ってください。
その他問い合わせについては、"よくあるご質問"をご確認ください。


※2018年12月1日(土)以降も過去にAdobeソフトウェアを申請およびインストール済みのPCに対してはライセンス更新の申請受付を行います。

これまでソフトウェアステーションで提供されたすべてのAdobeソフトウェアは2018年11月30日(金)
ライセンスの有効期限を迎えます。(現在ソフトウェアを起動すると以下の表示が一度だけ表示されます)
Adobe20181131.png


2018年12月1日(土)以降は起動するとシリアル番号を求められ使用不可となります。
Adobe_2.png

現在利用されているソフトウェアについては申請いただくことによりライセンスの更新が可能ですが、
2019年3月31日(日)に大学保有のライセンスが有効期限を迎えるため、それまでに必ずアンインストールを行っていただく必要があります。(それ以上の延長はありません)
また申請時とアンインストール後には都度「Adobe ETLA利用申請・誓約書」にご記入・提出いただきます。

ライセンス更新の申請方法については、以下をご覧ください。
申請が受理され許可/不許可のメールが送られるまでには時間がかかります。予めご了承ください。

ライセンス更新の申請方法

【Windows版をご利用の方】
ソフトウェアダウンロード申請フォームより、以下のソフトウェア名を選択して申請ください。
「Adobeソフトウェア(ライセンス更新のみ)」
※Adobeソフトウェアが1台のPCに複数インストールされていても、ライセンス更新プログラムは一回だけ実行すればインストールされているAdobeソフトウェアのすべてのライセンス有効期限は延長されます。
※Adobeソフトウェアを複数台のPCにインストールされている場合、申請は台数分必要になります。

「備品番号なし」を選択すると写真が2枚添付できます。
Adobe ETLA利用申請・誓約書をダウンロードして印刷、必要事項を記入のうえそれを写真に撮って「シリアル」の方に添付してください。
※Adobe ETLA利用申請・誓約書(PDF形式)はこちらからダウンロードしてください。 ↓
申請内容を精査し、許可・不許可のメールが送られます。(具体的な更新方法は許可メールに記載)

2019年3月31日(日)までにアンインストールを実施し、誓約書の最下部にある署名欄に追記のうえメールにてご送付ください。(宛先:softstation@ml.hosei.ac.jp、タイトル:Adobeソフトウェアのアンインストールについて)

【Mac版をご利用の方】
再インストールが必要となります。継続して使用したいAdobeソフトウェアのみ申請ください。
ソフトウェア名選択以外の手続きの流れについてはWindows版と同様です。


※2018年12月1日(土)以降、Adobeソフトウェアの新規利用申請については受付を終了いたします。

よくあるご質問

Q

Adobeソフトウェアの代替えはありますか。

A

はい。Adobeソフトウェアの代替え案としては、類似の機能を有する以下のソフトウェアがあります。 リンク先よりインストールが可能です。

Photo Shop   →  GIMP     https://www.gimp.org/
Illustrator   →  Inkscape      https://inkscape.org/ja/
Premiere   →  Lightworks     https://www.lwks.com/
Acrobat   →  CubePDF     https://www.cube-soft.jp/cubepdf/

Q

インストールされているAdobeソフトウェアがソフトウェアステーションで入手したものか確認したい。

A

<確認方法1>
1.ソフトウェアステーション へ行き、ログインする。
2.「申請履歴画面へ」のボタンを押す
3.申請日時と申請ソフトから「呼び出し」を押すと、申請したPCのメーカー名・シリアル番号等が確認できます。

<確認方法2>
1.ダウンロードステーションにログインする。
2.「ダウンロード履歴管理」を選択する。
3.検索条件は何も入力せずに「検索」ボタンを押す。

表示された一覧にてインストール回数など過去の履歴が確認できます。
また、各インストールされたソフトウェアの右側にある「選択」ボタンを押すと
実際にインストールされたPC名やシリアル番号、インストール日時なども確認できます。_

Q

Adobe Acrobat DCアンインストール後に、PDFファイルが開けなくなる。

A

Windows8.1および10には標準で.pdfファイルが閲覧できるストアアプリ「Reader」があります。

<「Reader」の指定方法>
1. 開きたい.pdfファイルを右クリックして「プログラムから開く > 既定のプログラムの選択」の順にクリックします。
reader.png
2. 「すべての.pdfファイルをこのアプリで開く」にチェックをして「リーダー」をクリックしてください。
anydesk00124.png

Q

Adobeのソフトウェアがうまくアンインストールできませんでした。(ソフトウェアがアンインストールされない、起動できない、エラーが出る等)

A

ソフトウェア競合などで不具合が発生している可能性があります。
一度、専用のソフトウェアでクリーンアップ(リセット)することをお勧めいたします。

【ご注意】
大変恐れ入りますが、以下手順では一度環境をリセットする都合上
すでにインストール済みのAdobe製品はすべて削除されます。
あらかじめご了承ください。

---

1.「Adobe Creative Cloud Cleaner」を使って
 アンインストールに失敗してしまう環境を一度リセットしてください。
 ダウンロード方法と使い方についてはこちらをご確認ください。
 操作が完了したらPCを再起動してください。

【ヒント】
※実行時の選択オプションは、「Creative Cloud~」の該当するバージョンを選択してください。
※削除対象が指定できる場合は、「すべて削除」を選択してください。

2.(WindowsPCのみ)
 ディスククリーンアップを実行します。
 手順は、こちらをご参考ください。
 操作が完了したらWindowsを再起動してください。

---

以上の手順を実施しても繰り返し失敗してしまう場合は、
サポート窓口までお問い合わせください。



※Adobe ETLA利用申請・誓約書(PDF形式)はこちらからダウンロードしてください。

PAGETOP