HOMEWindows OS使いたい

Windows OS使いたい

法政大学では、マイクロソフト社と包括ライセンス契約(EES:Enrollment for Education Solution)を締結しました。これにより、法政大学に在籍する教職員および学生は、以下に記載する内容に基づいて、マイクロソフト社のソフトウェアを利用することができます。

※法政大学とマイクロソフト社との包括ライセンス契約については今後の社会動静等の影響により定期的に見直しを行います。契約を締結しない、あるいは、同一の条件で契約を更新しない場合がありますので、予めご了承の上ご利用ください。


インストールできる端末 インストールできる人 利用できるライセンスおよびソフトウェア 申し込み方法
大学の費用で購入・レンタルしたPC
法政大学の構成員で
当該PCの管理者
(付属校を除く)

理工系学部学生へ貸与しているedu貸与ノートPC利用者の方はこちらを必ずご確認ください。

マイクロソフト包括ライセンス契約(EES)
Windows OS
(アップグレードのみ)(日本語版/英語版)
Windows 10 Enterprise 32bit/64bit

※必ずアップグレード時の注意事項を確認してから申請してください。

Windows 8.1 Enterprise 32bit/64bit
Windows 7 Enterprise 32bit/64bit

※元となるパソコンにWindowsOSが入っていることが前提のアップグレードのみとなります。OSの新規インストールはできません。(Mac OS XにWindows OSをインストールする場合は可能です)

ソフトウェアダウンロード申請フォームから申請できます。

マニュアル
個人で所有するPC
(1台のみ)
専任教職員
理工系学部生
・情報科学部
・デザイン工学部
・理工学部
・生命科学部
理工系大学院生
・工学研究科
・情報科学研究科
・デザイン工学研究科
・理工学研究科
(教職員)Work at Home
(理工系学部)学生オプション

Windows OS
(アップグレードのみ)(日本語版/英語版)
Windows 10 Education 32bit/64bit
Windows 8.1 Enterprise 32bit/64bit
Windows 7 Enterprise 32bit/64bit

※元となるパソコンにWindowsOSが入っていることが前提のアップグレードのみとなります。OSの新規インストールはできません。(Mac OS XにWindows OSをインストールする場合は可能です)


eduサポート窓口への申し込みが必要となります。


マニュアル




「マイクロソフト包括ライセンス契約(EES)とは」

マイクロソフト包括ライセンス契約は、指定されたマイクロソフト社製ソフトウェアを使用する権利を与えるライセンスです。ライセンス契約期間中であれば、指定されたソフトウェアを選択して使用することができます。

「インストールできる人」
・法政大学の構成員であり、当該PCの管理者
(付属校を除く)


「ソフトウェアをインストールできる端末」
・法政大学の費用で購入・レンタルしたPC(台数制限はありません)
・パソコン教室や共同研究室などの法政大学が所有する共用PC(台数制限はありません)


「利用できるソフトウェア」
Microsoft Windows OS (アップグレードライセンス)(日本語版/英語版)
・Windows 10 Enterprise Upgrade 32bit/64bit
・Windows 8.1 Enterprise Upgrade 32bit/64bit
・Windows 7 Enterprise Upgrade 32bit/64bit

※アップグレードのみとなります。OSの新規インストールはできません。(Mac OS XにWindows OSをインストールする場合は可能です)

Core CAL (Client Access License):下記のサーバー製品にアクセスするためのライセンス
・Microsoft Windows Server Standard CAL
・Microsoft Exchange Server Standard CAL
・Microsoft SharePoint Server Standard CAL
・Microsoft Lync Server Standard CAL


「ソフトウェアの削除義務」
・法政大学所有のPCを廃棄する場合、または他機関へ譲渡する場合、PCの管理者(利用者)は、対象ソフトウェアを削除(アンインストール)してください。
・法政大学がレンタル契約したPCの契約が終了した時は、レンタルPCの管理組織(管理・運用担当者)は、レンタルされた全てのPCから対象ソフトウェアを削除(アンインストール)してください。
・法政大学がマイクロソフト社との包括ライセンス契約を解除した場合、全ての管理者(利用者)と管理組織は、全てのPCから対象ソフトウェアを削除(アンインストール)しなければなりません。



「Work at Home(教職員向け) / 学生オプション(理工系学生向け)とは」

マイクロソフト包括ライセンス契約とそのオプション契約により、個人で所有する1台のPCにWindows OSをインストールすることができます。
※元となるパソコンにWindowsOSが入っていることが前提のアップグレードのみとなります。OSの新規インストールはできません。(Mac OS XにWindows OSをインストールする場合は可能です)

「利用できる人」
・法政大学の専任教職員
・理工系学生

  情報科学部・デザイン工学部・理工学部・生命科学部・大学院工学研究科・大学院情報科研究科・大学院デザイン工学研究科・大学院理工学研究科

(付属校を除く)


「インストールできる端末」
・自宅等の個人で所有する1台のPCのみ

 ※2台以上のPCにはインストールできません。

 ※家族等と共有するPCにはインストールできません。



「ソフトウェアの削除義務」
・利用者は法政大学の学生もしくは教職員でなくなった場合は、対象ソフトウェアを必ずアンインストールして下さい。

PAGETOP